***「身毒丸」あらすじ***

てのひらに
ひゃっぺん母の名を書かば
生くる卒塔婆の
手とならんかな

時代は昭和初期・・・・。
十五の少年しんとく(身毒丸)は、亡き母を慕い、
面影を追い求める日々を送っていた。
しかしある日、「母を売る店」で買い求められた女、
撫子(なでしこ)が「母」として現れる。
撫子に「母はひとり」と反発するしんとく。
「母」として認められず、追い詰められてゆく撫子。

次第に生まれてゆく、
交錯しあう愛憎。

「母」と「子」、
「大人」と「子供」
そして、
「男」と「女」。

「家」という制約の中でめぐりあった二人が、
その果てに行き着くのは・・・・。



くわしい物語に興味ある方は
こちらのページへ!!
物語を追いながら
イラストでナビゲーションさせていただきます




     







女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス